太陽光発電の仕組みとは?

通常、太陽光のエネルギーは熱に変わります。直射日光の照りつけるアスファルトの道路が、とても熱くなるのがその例です。太陽光発電は、太陽光エネルギーが熱に変わる前に、半導体の性質を利用して電力に変えて活用することです。

シリコン半導体は「+の正孔」と「-の電子」を生み出す2つの層、P型シリコンとN型シリコンからなっています。この半導体に太陽光が当たると+の正孔はP型シリコン側へ、-の電化シリコン側へのPNのつなぎ合わせた壁を越えて集まります。

そして半導体の表電極と裏電極に負荷をつなぐと電流が流れる仕組みになっています。その発電量は、太陽光の強さに比例します。



トップページ > 商品紹介 > 太陽光発電の仕組みとは?