商品紹介(太陽光発電システム取扱いメーカー)

ひとえに「太陽光発電システム」といっても、国内外問わず様々なメーカーが製品を扱っています。
このページではナックが扱う主な太陽光発電システムをご紹介いたします。
パナソニック東芝京セラダイキンソーラーフロンティアQセルズハンファソーラージャパンソーラーカナディアンソーラーサンテック


商品紹介(太陽光発電システム周辺機器取扱いメーカー)

新電元工業ネグロス電工スワロー工業日創プロニティ


そもそも太陽光発電システムとは?

そもそも太陽光発電システムとは?太陽光エネルギーから電力エネルギーをつくり出す発電法を太陽光発電(ソーラー発電)といいます。ソーラー発電と聞いてすぐに思いつくのが「電卓」や「腕時計」でしょう。

これらはずいぶん前から私たちの生活に浸透しているので、馴染み深い方も多いかと思います。

各家庭で電力をつくり出す太陽光発電も、大掛かりではありますが、原理はソーラー発電の電卓などと同じです。日照のある時間帯であれば、家庭の消費電力が自給自足できるのです。

◎太陽光発電システムには次のようなメリットがあります。
・エネルギー源が永続的
・大気汚染の心配がない
・電力を自給自足できる
・余剰電力の売却ができる
・災害時の非常用電力となる
・家族のエコに対する意識が高まる
・太陽光発電システムのパネルが屋根の断熱効果を発揮する

太陽光発電の仕組みとは?

通常、太陽光のエネルギーは熱に変わります。直射日光の照りつけるアスファルトの道路が、とても熱くなるのがその例です。太陽光発電は、太陽光エネルギーが熱に変わる前に、半導体の性質を利用して電力に変えて活用することです。

シリコン半導体は「+の正孔」と「-の電子」を生み出す2つの層、P型シリコンとN型シリコンからなっています。この半導体に太陽光が当たると+の正孔はP型シリコン側へ、-の電化シリコン側へのPNのつなぎ合わせた壁を越えて集まります。

そして半導体の表電極と裏電極に負荷をつなぐと電流が流れる仕組みになっています。その発電量は、太陽光の強さに比例します。

資料請求・お問い合わせページへ

資料請求・お問い合わせ