Q.一度、取り扱ってみたもののうまく行かなかったのですが……

よくあるパターンとして、「待ちの営業をしている」ということが挙げられます。たとえばクリーニングに来るお客様に「太陽光もやっています」とお話したところで、お客様にとってピンときません。

お客様の立場になると、太陽光は家の設備の大幅な変更。販売している会社がその後きちんとサービスを継続してくれそうでないと、安心して任せられません。

逆に言えば、太陽光発電システムを事業として柱を立てて展開されている工務店でしたら、そういう心配はないと考えられます。



トップページ > よくある質問コーナー > Q.一度、取り扱ってみたもののうまく行かなかったのですが……