Q.発電の原理を教えてください

通常、太陽光のエネルギーは熱に変わります。通常、太陽光のエネルギーは熱に変わります。
直射日光の照りつけるアスファルトの道路が、とても熱くなるのがその例です。太陽光発電は、太陽光エネルギーが熱に変わる前に、半導体の性質を利用して電力に変えて活用することです。

シリコン半導体は「+の正孔」と「-の電子」を生み出す2つの層、P型シリコンとN型シリコンからなっています。この半導体に太陽光が当たると+の正孔はP型シリコン側へ、-の電化シリコン側へのPNのつなぎ合わせた壁を越えて集まります。

そして半導体の表電極と裏電極に負荷をつなぐと電流が流れる仕組みになっています。その発電量は、太陽光の強さに比例します。

Q.話題性のある商材だけど、本当に市場はどれくらい?

日本では余剰電力の買取義務化制度や補助金制度がはじまり、太陽光発電の推進が本格化しています。

また、政府は2020年までに、国内の温暖化ガス排出量を1990年比より25%削減すべく、1000万世帯以上を目標に、太陽光発電を推進することをロードマップ案に盛り込んでいます。

単純に計算しても1000万世帯×150万円=15兆円。これは実に大きな市場です。

Q.どれくらい需要はあるのですか?

太陽光発電住宅地球温暖化対策として太陽光発電の普及促進策が進められ、太陽光発電システムを設置した住宅の供給が急増しています。

2009年の上半期、複数の大手ハウスメーカーが受注した住宅の3割以上が太陽光発電システムを採用したというデータがあります。

今後、太陽光発電住宅は、急速に普及が進む兆しを見せ始めています。

Q.「売電」とは何ですか?


太陽光発電システムには蓄電の機能がないため、日照の少ない日や夜間には発電が停止します。
ですから、不足する電力は電力会社から買わなくてはなりません。

逆に日照のある時に発電した電力が消費電力を上回った場合は、余った電力を自動的に電力会社に売る仕組みになっています。

Q.どれくらいの価格で「売電」してくれるのですか?

どれくらいの価格で「売電」してくれるのですか?これまで日本では売電価格がどちらも同じでした。

しかし、ドイツでは買電単価より売電価格を何倍も高く設定したため、太陽光発電の普及率が飛躍的に伸びました。

最近では日本政府もようやく重い腰を挙げ、太陽光発電の普及率アップを図る動きを見せています。2009年11月からは余剰電力買取制度の売電価格が2倍に値上げされました。

Q.一度、取り扱ってみたもののうまく行かなかったのですが……

よくあるパターンとして、「待ちの営業をしている」ということが挙げられます。たとえばクリーニングに来るお客様に「太陽光もやっています」とお話したところで、お客様にとってピンときません。

お客様の立場になると、太陽光は家の設備の大幅な変更。販売している会社がその後きちんとサービスを継続してくれそうでないと、安心して任せられません。

逆に言えば、太陽光発電システムを事業として柱を立てて展開されている工務店でしたら、そういう心配はないと考えられます。

Q.大まかな営業の流れを教えてください

アプローチ~クロージングまでには大きく分けてステップは7つ。

【アポイント】⇒【初訪】⇒【再訪】⇒【現地調査】⇒【工事日】⇒【連係】⇒【各種手続き】となります。

主な【アポイント】の方法は電話でのアポイントです。
最近では展示会でアポイントを取るという方法もあります。
【初訪・再訪】では太陽光発電システムのメリットをお客様に伝えながら、シミュレーションを行うことで、動機づけを図ります。

ナックの「太陽光発電システムセールスサポート」では、各フェーズで必要な資料を取り揃えています。
太陽光発電システムの知識がゼロの方でも、負担なくクロージングにつなげることが可能です。

資料請求・お問い合わせページへ

資料請求・お問い合わせ